角川武蔵野ミュージアム

  • ゴッホ展
  • 岩合展「こねこ」
  • 荒俣ワンダー秘宝館 海のワンダーライフ教室
  • すごすぎる天気の図鑑展
  • 魚っとこ水族館
  • マンガ・ラノベ図書館特設ページ
  • musashino50
  • 武蔵野樹林パーク
  • 館長通信
  • きかんしゃトーマスとなかまたち STEAMアドベンチャー~今日からキミもエンジニア~
  • 武蔵野坐令和神社

企画展/イベント
/ライブラリー

写真:中道淳

館長通信
No.39 知覚・表現・展示・宙吊2022/08/01


私たちは生まれ落ちてこのかた、呼吸して、寝起きして、食べたり排泄したり、騒いだり、何かに夢中になったりする。そして、どんなときでも知覚しつづけている。知覚は私たちが動物だったころから継続してきた活動で、ヒト(ホモサピエンス)になってからは、主に五感が組み合わさって知覚を磨ぎすませてきた。ただし私たちは五感で知覚しているだけではなく、脳では知覚された情報をさまざまに解釈しているので、知覚にはたいてい認識が伴っている。これを認知という。

フロアガイド

  • マンガ・ラノベ図書館

    KADOKAWAが発信する「ラノベ・マンガ」の世界観を、読者と共有し発展させる空間。KADOKAWAグループのほぼすべてのライトノベルが揃っている、日本で一番ラノベが読める図書館となっている。ラノベやマンガの分類ジャンルの開発など多彩なアプローチでラノベ・マンガの魅力を発信する。約2.5万冊の書籍を所蔵。

  • 本棚劇場

    高さ約8メートルの巨大本棚にかこまれた空間。KADOKAWA刊行物と、角川源義文庫、山本健吉文庫、竹内理三文庫、外間守善文庫ほかの個人蔵書が一堂に並ぶ。また、本棚劇場では定期的に「本と遊び、本と交わる」をコンセプトとしたプロジェクションマッピングを上映する。約5万冊の書籍を所蔵。

  • エディットタウン

    本の息づかいや賑わいが感じられる" 街"のような図書空間。松岡正剛氏の監修により世界を読み解くための「9つの文脈」にそって約2.5万冊の本が並ぶ。既存の図書館にはない、まったく新しい先進的な選書のモデルになっている。本はエディットタウン内であればどこで読んでもよい。

  • 写真:新津保建秀

  • 写真:新津保建秀

  • 写真:新津保建秀

角川武蔵野ミュージアムを知る

人間と自然が折り合ってきた悠久の大地、武蔵野の地にオープンするまったく新しいコンセプトの文化複合施設。KADOKAWAが展開する「ところざわサクラタウン」のランドマークとして位置づけ。アート、文学、博物のジャンルを超え、あらゆる知を再編成した、世界で他に類を見ないミュージアム。

Pagetop