角川武蔵野ミュージアム

レストラン - SACULA DINER

ところざわサクラタウン

ところざわサクラタウンは、KADOKAWAと埼玉県所沢市の共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST(クール ジャパン フォレスト)構想」の拠点となる施設です。 4万㎡もの広大な敷地内に、KADOKAWAが建設・運営する書籍製造・物流工場やオフィス、イベントスペース、体験型ホテル、ショップ&レストラン、ダ・ヴィンチストア、神社などを展開するほか、文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」を開館。日本最大級のポップカルチャーの発信基地として、11/6にグランドオープンいたします。

写真:新津保建秀

角川武蔵野ミュージアム

ところざわサクラタウンのランドマークとなるのが、「角川武蔵野ミュージアム」。世界的建築家・隈研吾氏が設計した多面的な石の建物が、武蔵野台地から隆起するようにそびえ立ち、見るものを圧倒します。館内は地上1階から5階までで構成され、図書館、美術館、博物館が融合した、世界でも類を見ないミュージアムです。

「SACULA DINER」は、角川武蔵野ミュージアムの5階に位置するメインダイニングです。
ミュージアムのコンセプトと同様、“多様性”のあるオリジナル料理を、
所沢産食材をふんだんに使って提供いたします。
お手頃価格でボリューム満点のランチから、夜の多彩なアラカルトメニュー、
特別な日に味わいたい華やかなコース料理まで、
幅広いシーンで地元所沢住民の御用達となるレストランを目指します。


料理は“武蔵野キュイジーヌ”
使用する食材は、所沢を含む埼玉県産を多く取り揃えているのが特徴です。
特に野菜は、武蔵野の地で昔から続く落葉堆肥農法で作る「三富(さんとめ)野菜*」をはじめ、
周辺の契約農家が完全無農薬で作る安心・安全な野菜を季節ごとにご用意。
他にも、埼玉銘柄豚や秩父マス、タマシャモ、市内養鶏場の「美人卵」など、
自然豊かな武蔵野台地や近隣エリアで育まれた、
まだあまり知られていない食材の魅力を発信します。

ENTRANCE

レストラン入り口には、その日に使われる色とりどりの採れたて「三富(さんとめ)野菜*」がディスプレイされ、お客様をお出迎えします。客席では、原木シイタケをお客様自身が狩り取ってから調理するなど、見て、触れて、体感できるおもてなしをご用意。食べるだけにとどまらない“食の楽しさ”を提供いたします。

DINING ROOM

オープンキッチンを中央に据えたコの字型の店内は、ニューヨークにある美術館のイメージと角川武蔵野ミュージアムのカラーを融合。モノトーンで統一し、洗練された雰囲気を演出しています。また、新進気鋭の作家を起用し、食事をしながらアートも楽しめる“ミュージアムレストラン”にふさわしい空間となっております

※店内デザインは完成予想イメージです。

MENU

FOOD

料理は、和洋中のジャンルにとらわれず、さまざまな調理法でご提供。地産食材のおいしさを最大限引き出すために、発酵や燻製、真空調理や低温調理などのひと手間も加え、オリジナリティあふれる“武蔵野キュイジーヌ”を発信いたします。

特別な日に最適なコース料理は、6,000~8,000円台で、石造り建築のミュージアムにちなみ、石の器で提供いたします。夜のアラカルトは、1人当たり予算4000~5000円を想定。ランチは、 サンドイッチやスープセットから、パスタ、ライスボウル、ボリュームたっぷりの肉料理プレートまで1000円前後。お料理と共に楽しみたいアルコールは、城下町川越で城への献上物とされた希少な日本酒「鏡山」や、所沢の里芋で作る 里芋焼酎「恋も咲くころ」などの地酒もご用意しました。

*「三富(さんとめ)野菜」とは

所沢市、川越市、狭山市、ふじみ野市、三芳町の4市1町にまたがる「三富地域」で、江戸時代から続く循環型農法で作られる野菜のこと。平地林の落葉を集め、発酵させて堆肥として還元する、サステイナブルな農法です。栄養たっぷりの土壌で農薬を使わず育つ野菜は、驚くほど味が濃くみずみずしさも抜群。農家の高齢化などにより、昔ながらの農法を維持することが困難になる中、今もなお三富野菜を作り続ける農家の貴重な野菜を、「SACULA DINER」では特別に仕入れてご提供いたします。

写真の料理は一例です。
詳細は食べログサイトをご確認ください

食べログサイトへ

DESIGN

店内アートをデザインするのは新進気鋭のアーティスト達。
お食事をしながら、彼らの創り出す世界観をお楽しみください。

Tokio Aoyama

ART INSTITUTE OF SEATTLEでグラフィックデザインを専攻。 独特な色使いでミステリアスな世界観を表現。主に国内外のアーティストのジャケット制作、個展、ライブペイント、壁画制作で活動中。

USUGROW / 薄黒

イラストレーション、カリグラフィ、ペインティング、ミューラル等、手法、媒体を超え制作活動を展開。現在はオリジナル書体によるカリグラフィと民族舞踏をモチーフに、文化の伝播をテーマにした作品を主に制作中。

志礼 知也 / Tomoya Shirei

1992年東京生まれ。幼少期に父の点描画を見て絵を描き始める。 インクの”質感”と”モチーフ”を描く要素としての線、点、面からなる基本的構成を基準に、偶発性や精密かつ正確なアプローチで平面上の立体性(2.5次元)を目指す。

BLACK BELT JONES DC

アートディレクター。CDジャケット、アパレル、店舗壁画、ライブペイントなどグラフィックをベースに様々なデザインを展開。武道・格闘技をベースコンセプトとするアパレルブランド「reversal.dogi.design.works(rvddw)」ディレクター。

MAHARO (GROUNDRIDDIM)

2000年イラストレーター、ペインターとして活動を始める。音楽界を中心にイベントフライヤーやCD、レコードジャケット、壁画、映像素材などでイラストやデザインを提供している。GROUNDRIDDIM所属。

ACCESS

〒359-0023
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
ところざわサクラタウン
角川武蔵野ミュージアム5F

Google MAPで見る

食べログサイトはこちら

周辺地図の画像

営業時間

OPEN:11:00 ~ 22:00(LAST ORDER 21:00)

CLOSE:定休日:第1、3、5火曜日(ミュージアム休館日に準ずる)

お問い合わせ

TEL:04-2003-8714

お問い合わせはこちら

公共交通機関でお越しのお客様

JR武蔵野線「東所沢」駅から徒歩約10分

車でお越しのお客様

関越自動車道「所沢」ICから約8分です。

駐車場について

【営業時間】

営業時間

月〜木曜

金・土曜

日曜

ところざわサクラタウン駐車場

24時間

第2駐車場

24時間

第3駐車場

24時間

【利用料金】

第1駐車場 30分200円/24時間最大800円

第2、第3駐車場 30分200円/24時間最大600円

当店の新型コロナウィルス対策

Pagetop