• サルバドール・ダリ ― エンドレス・エニグマ 永遠の謎 ―
  • 角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄―15㎝×15㎝の宇宙―
  • 髙山辰雄展関連イベント ワークショップ「武蔵野を水墨画で描く」
  • マンガ・ラノベ図書館特設ページ
  • 【貸切コスプレイベント】ココフリナイトミュージアム at 角川武蔵野ミュージアム
  • DESIGNS 永野護デザイン展
  • 生誕50周年記念 『THE仮面ライダー展』
  • 本棚劇場×マーダーミステリー『ANIMA ‐禁断の記憶の扉‐』
  • 本棚劇場×マーダーミステリー『ANIMA ‐言の葉の回廊‐』
  • 館長通信
  • musashino50
  • 武蔵野坐令和神社

企画展/イベント
/ライブラリー

写真:中道淳

館長通信
No.76 「鬱」なるものについて2024/02/15


最近は「うざい」とか「うざったい」という言葉が日常会話やSNSで頻繁に交わされるようになった。「うっとうしい」「わずらわしい」「めんどうくさい」という意味だろうが、その場の出来事や相手の素振りに向けられることが多い。 「うっとうしい」は漢字で綴れば「鬱陶しい」である。そこには「鬱なるもの」が出入りする。これは相手に感じるだけではなく、いつのまにか自分の中にもやってきて、ふと気がつくとその分量に驚くことがある。それで鬱勃とする。

フロアガイド

  • マンガ・ラノベ図書館

    KADOKAWAが発信する「ラノベ・マンガ」の世界観を、読者と共有し発展させる空間。KADOKAWAグループのほぼすべてのライトノベルが揃っている、日本で一番ラノベが読める図書館となっている。ラノベやマンガの分類ジャンルの開発など多彩なアプローチでラノベ・マンガの魅力を発信する。約3.7万冊の書籍を所蔵。

  • 本棚劇場

    高さ約8メートルの巨大本棚にかこまれた空間。KADOKAWA刊行物と、角川源義文庫、山本健吉文庫、竹内理三文庫、外間守善文庫ほかの個人蔵書が一堂に並ぶ。また、本棚劇場では定期的に「本と遊び、本と交わる」をコンセプトとしたプロジェクションマッピングを上映する。約2万冊の書籍を所蔵。

  • エディットタウン

    本の息づかいや賑わいが感じられる" 街"のような図書空間。松岡正剛氏の監修により世界を読み解くための「9つの文脈」にそって約2.5万冊の本が並ぶ。既存の図書館にはない、まったく新しい先進的な選書のモデルになっている。本はエディットタウン内であればどこで読んでもよい。

  • 写真:新津保建秀

  • 写真:新津保建秀

  • 写真:新津保建秀

角川武蔵野ミュージアムを知る

人間と自然が折り合ってきた悠久の大地、武蔵野の地にオープンするまったく新しいコンセプトの文化複合施設。KADOKAWAが展開する「ところざわサクラタウン」のランドマークとして位置づけ。アート、文学、博物のジャンルを超え、あらゆる知を再編成した、世界で他に類を見ないミュージアム。

Pagetop