企画展/イベント/ライブラリー

Photo:Kenshu Shintsubo

  • 開催中
  • イベント

髙山辰雄展 関連イベント ワークショップ「武蔵野を水墨画で描く」 スペシャル・クロストーク「追想・髙山辰雄 動く風景をめぐって」

開催中の展覧会「髙山辰雄―15㎝×15㎝の宇宙―」に関連するトークイベントとワークショップを実施します。

ワークショップ 「武蔵野を水墨画で描く」



んじたは、などからもきなけており、は、していま
す。
をスケッチするには、((すずり)つのにおさめた記用)使していていたと
いいます。
そのような姿しながら、武蔵でスケッチしていてみませんか。
は、をしてきたさんです。
などのなレクチャーからりますので、めてののある、どなたでもごいただけます。

【開催概要】

●イベント名:ワークショップ 「武蔵野を水墨画で描く」

●実施日時:2024年3月30日(土)

午前の部:10:30~12:30

午後の部:14:00~16:00

※各回とも同じ内容になります。

●実施エリア:角川武蔵野ミュージアム 4階レクチャールーム 

●講師(敬称略):足立正平(水墨画家)

●参加費:各回2,000円

●持ち物:道具はこちらでご用意いたしますので、不要です。

●定員:各回20名(先着順)

申込方法:●お申込みはこちら『ワークショップ「武蔵野を水墨画で描く」』を選択
       ➡午前(10:30~)、午後(14:00~)のいずれかを選び、チケットを購入してください。

 ※購入後の変更およびキャンセルはお受けできませんので、予めご了承ください。

 ※障がい者割引はございません。(当日の作業等についてご心配な点などございましたら、お問い合わせフォームより、遠慮なくご相談くださいませ)

 

【注意事項等】

※エディット アンド アートギャラリーで開催中の「角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄 ―15㎝×15㎝の宇宙―」をご覧いただく場合は別途有料チケットが必要となります。詳しくはイベントページをご覧ください。

※開始10分前に4階レクチャールームにお集まりください。

※スケッチの際に、ミュージアム外に移動することがあります。足の不自由な方等、移動が困難な方は、事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※汚れてもよい動きやすい服装でお越しください。

※記録撮影や当館のSNS等の撮影で、参加者の顔が映り込む可能性があります。予めご了承ください。なお映り込み不可の方は当日スタッフにお申し出ください。その旨が分かるしるしをお渡しします。

※当ワークショップは、十分注意し安全対策をいたしますが、お客様の不注意による怪我や事故、またお客様同士のトラブル等に関しましては、一切の責任を負いかねます。

※開始時間に遅れる場合は、事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※その他ご質問等ございましたら、お問い合わせフォームにて、「角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄 ―15㎝×15㎝の宇宙―」担当者宛にご連絡ください。

↓↓※こちらのイベントは終了いたしました※↓↓

スペシャル・クロストーク 「追想・髙山辰雄 動く風景をめぐって」

髙山辰雄《遠野》1973                        

「動く風景」という文章のなかで、髙山は次のように書いています。

  

   汽車の窓から眺める景色はねじれ曲って 私の前に現れ飛び去ってしまいます

   山も木も川も畑で手を振る子供も 私の姿にねじ曲って見えなくなってしまうのです

   ふと美しい景色に心を打たれ、一瞬はっと息をのむ

   ―――けれども次の瞬間、もはやそれはそこになくなってしまっているのです

   これら窓の外を走る景色は 一瞬の連続であります

   しかしその一瞬は決して一瞬の連続であるはずはないのです

   私の目にねじれ去るその景色は 永遠につながるものであるはずではないでしょうか。

   そして私はこのねじれ曲る世界をどうしても絵に描いてみたいと思うのです

   それは言葉にならぬ言葉、絵にはならない場面なのです

                髙山辰雄「動く風景」/『芸術新潮』1960年1月号

 

髙山がみつめた風景、描こうとしたものを展覧会の作品を通して、生前の髙山をよく知る日本画家の土屋禮一氏と泉屋博古館東京館長の野地耕一郎氏のお2人に語ってもらいます。

【開催概要】

●イベント名:スペシャル・クロストーク 「追想・髙山辰雄 動く風景をめぐって」

●実施日時:2024年1月27日(土)14:00~15:30

●実施エリア:角川武蔵野ミュージアム 4階レクチャールーム

●講師(敬称略):土屋禮一(日本画家、日本芸術院会員)、野地耕一郎(泉屋博古館東京 館長)

●参加費:無料

●定員:40名(先着順)

お申込みはこちら フォームへの入力をお願いします。

 

【注意事項等】

※エディット アンド アートギャラリーで開催中の「角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄 ―15㎝×15㎝の宇宙―」をご覧いただく場合は別途有料チケットが必要となります。詳しくはイベントページをご覧ください。

※開始10分前に4階レクチャールームにお集まりください。

※記録撮影や当館のSNS等の撮影で、参加者の顔が映り込む可能性があります。予めご了承ください。なお映り込み不可の方は当日スタッフにお申し出ください。その旨が分かるしるしをお渡しします。

※当イベントは、十分注意し安全対策をいたしますが、お客様の不注意による怪我や事故、またお客様同士のトラブル等に関しましては、一切の責任を負いかねます。

※開始時間に遅れる場合は、事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※その他ご質問等ございましたら、お問い合わせフォームにて、「角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄 ―15㎝×15㎝の宇宙―」担当者宛にご連絡ください。

角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄 ―15㎝×15㎝の宇宙―
角川武蔵野ミュージアム 記念すべきコレクション展<第一弾>
日本画壇の最高峰として知られる髙山辰雄が13年間描き続けた
『文藝春秋』の表紙絵156枚を再編集し、初の集合展示

詳細はこちら

 

開催期間 2024年01月27日[土] 〜 2024年03月30日[土]
開催エリア 4F レクチャールーム
Pagetop