角川武蔵野ミュージアム

企画展/イベント/ライブラリー

Photo:Kenshu Shintsubo

  • 開催予定
  • イベント

石田泰尚 スペシャル・カルテット×「ファン・ゴッホ」展

ヴァイオリニスト石田泰尚氏ら気鋭のアーティストによるスペシャルカルテットと 「ファン・ゴッホ」展のコラボコンサートを開催

 当館グランドギャラリーで実施中の「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」展。この会場で、映像に合わせ弦楽器の生演奏をするスペシャルイベントを開催いたします。また、角川武蔵野ミュージアムエントランスや、本棚劇場といった施設全体のあらゆるシーンで良質な生演奏を聞くことができる、「角川武蔵野ミュージアム音楽Day」を行います。


ファン・ゴッホの波乱万丈な人生をなぞる360度映像と
ヴァイオリニスト石田泰尚が率いるスペシャルカルテットの1日限りの夢のコラボレーション

 「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」展は、1100㎡以上の巨大空間を映像と音楽で包み込み、ファン・ゴッホが見た世界を追体験する体感型デジタルアート展です。34台の高輝度プロジェクターを組み合わせ、すべての壁面と床面をシームレスに繋ぎ合わせた、没入型の全く新しい映像体験を提供しています。

 その中で演奏するのは、絵画と生演奏による音楽のコラボレーションをテーマに、本日のためにヴァイオリニスト石田泰尚が結成した唯一無二のスペシャル・カルテット。360度全面に展開される映像に合わせて、一般に親しまれるポップスからクラシックの名曲までクロスオーバーした演目を生演奏。着席形式ではなく場内を回遊しながら楽しむことができ、映像や展示とともに、テクノロジーと音楽が融合した洗練された芸術体験を目で、耳で、全身でご堪能頂けます。他にも角川武蔵野ミュージアムのエントランスでのウェルカムコンサートや本棚劇場でのミニコンサートなど、充実した音楽に浸る一日を提供します。ゴッホの魅力とともに、クラシック音楽の世界を知る第一歩としてぜひお楽しみください。
【イベント概要】

●公演名
石田泰尚 スペシャル・カルテット×「ファン・ゴッホ」展コラボ 『角川武蔵野ミュージアム音楽Day』

●開催日時
2022年12月6日(火)
 
★ファン・ゴッホ展 コラボコンサート(ミュージアム 1階グランドギャラリー)
 ・10時00分~10時30分 通常上映
 ・10時45分~11時15分 カルテット演奏付き上映
 ・11時30分~12時00分 通常上映
 ・12時15分~12時45分 カルテット演奏付き上映
 ・13時00分~13時30分 通常上映
 ・13時30分~14時00分 通常上映
 ・14時15分~14時45分 カルテット演奏付き上映
 ・15時00分~15時30分 通常上映
 ・15時45分~16時15分 カルテット演奏付き上映
 ・16時30分~17時00分 通常上映
 ・17時15分~17時45分 カルテット演奏付き上映

☆Program
弦楽四重奏(カルテット)
Act. 1 フォーカス:フォーカスⅢ(FOCUS:FOCUSⅢ)
Act. 2 マンシーニ:ひまわり(Henry Mancini:Sunflower)
Act. 3 ピアソラ:アディオス・ノニーノ(A.Piazzolla:Adiós Nonino)
Act. 4 マンシーニ:ピンク・パンサー(Henry Mancini:Pink Panther)
Act. 5 キング・クリムゾン:21世紀のスキッツォイド・マン
     (King Crimson:21st Century Schizoid Man (from In The Court Of The Crimson King-Full Album))
Act. 6 キング・クリムゾン:ムーン・チャイルド
     (King Crimson:Moon Child (from In The Court Of The Crimson King-Full Album))
Act. 7 レッド・ツェッペリン:カシミール(Led Zeppelin:Kashmir)
Act. 8 モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス(Ennio Morricone: Nuovo Cinema Paradiso)

※生演奏は30分間を予定しております。座席指定などはございませんので、自由にご鑑賞ください。
※販売状況等によっては整理券を配布する可能性がございます。係員の誘導に従ってください。
※演奏会場準備の都合により、係員の指示のもと、一部退室願う場合がございます。
※カルテット演奏の演目は5回全て同一になります。
 特に第1回は混雑する可能性がございますので、ご都合に合わせてご来館ください。

★ウェルカムコンサート(ミュージアム  2階エントランス)
 【演奏時間】
 ・第1回:10:15~10:25
 ・第2回:16:30~16:40

☆Program
弦楽2重奏(ヴァイオリン、チェロ)
・グリエール:8つの小品より (Reinhold Glière:8 Pieces, Op. 39)
 第1曲:プレリュード (No. 1. Prelude)
 第3曲:子守歌 (No. 3. Berceuse)
 第5曲:間奏曲 (No. 5. Intermezzo)
・服部良一:蘇州夜曲 (Ryoichi Hattori:Soochow Serenade)

※生演奏は10分程度を予定しています。
※販売状況及び会場の混雑状況により、ご移動、待機列整理を行う可能性がございます。係員の誘導に従ってご鑑賞ください。
※演奏の演目は全て同一になります。

★本棚劇場ミニコンサート(ミュージアム 4階本棚劇場)

 【演奏時間】
 ・第1回:11:30~11:40(整理券を10:45に2階エントランスにて配布いたします)
 ・第2回:15:00~15:10(整理券を14:15に2階エントランスにて配布いたします)

☆Program
弦楽2重奏(ヴァイオリン、チェロ)
・グリエール:8つの小品より (Reinhold Glière:8 Pieces, Op. 39)
 第1曲:プレリュード (No. 1. Prelude)
 第3曲:子守歌 (No. 3. Berceuse)
 第5曲:間奏曲 (No. 5. Intermezzo)
・服部良一:蘇州夜曲 (Ryoichi Hattori:Soochow Serenade)

※生演奏は10分程度を予定しています。演奏終了後は係員の誘導がございますので速やかに退室をお願いいたします。
※演奏会場準備の都合により、係員の指示のもと、一部退室願う場合がございます。
※混雑状況によりコンサートにご参加頂けない可能性がございますので、ご了承ください。
※整理券の配布場所や時間について当日の状況により変更の可能性がございます。
※演奏の演目は全て同一になります。


●会場
ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム
・1階グランドギャラリー
・2階エントランス
・4階本棚劇場

営業時間:10:00~18:00(最終入館:閉館の30分前)
※特にオープン直後の各演奏については混雑が予想されますので、ご了承ください。

●チケットについて
 料金:先行販売:4,600円(税込)/当日券:4,800円(税込)
 ※未就学児はご入場いただけません。
 ※本チケットにて同日中は、本棚劇場(エディットタウン-ブックストリート、荒俣ワンダー秘宝館)
  にもご入館いただけます。
 ※当日券に限り、障がい者割引をご利用できます。
   2F総合インフォメーションにて障がい者手帳(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳)
  をご提示いただくと、ご本人、介助者1名は半額となります。

●ご注意
・消防法等により会場の収容人数を超えた場合に、会場整理券の配布
 (または各会場での整理券配布)の可能性がございます。
 全プログラムにご参加頂けない可能性がございますのであらかじめご了承ください。
・演奏中の録画・録音は禁止になります。係員の指示に従ってください。
・会場周辺での出待ち・入り待ちは固くお断りします。
・スタンド花、楽屋花、手紙、プレゼント等の受取りはお断りいたします。
・指定の箇所以外での飲食は禁止になります。
 お飲み物はペットボトル等、フタ付のものをご用意ください。

●出演
石田泰尚、執行恒宏(ヴァイオリン)、坂口弦太郎(ヴィオラ)、阪田宏彰(チェロ)

●主催・企画
KADOKAWA / 公益財団法人 角川文化振興財団
◆カルテット
石田泰尚 スペシャル・カルテット

◆メンバー
石田泰尚(ヴァイオリン)
執行恒宏(ヴァイオリン)
坂口弦太郎(ヴィオラ)
阪田宏彰(チェロ)


●石田泰尚(ヴァイオリン)Yasunao Ishida, violin
神奈川県出身。国立音楽大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。新星日本交響楽団コンサートマスターを経て、2001年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。以来“神奈川フィルの顔”となり現在は首席ソロ・コンサートマスターとしてその重責を担っている。これまでに神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。幅広いレパートリーを誇り神奈川フィル他各地のオーケストラと協奏曲の演奏やリサイタルを行いソリストとしての顔も持つ。
自身がプロデュースした男性奏者のみの弦楽アンサンブル“石田組”、新しいスタイルのピアソラを追及した“トリオリベルタ”、ピアニスト及川浩治の呼びかけで結成されたピアノトリオ“Bee”など、様々なユニットでも独特の輝きを見せる。結成時から参加するYAMATO S. Qでは20年以上に渡り唯一無二のヴァイオリニストとしてグループの方向性を決定づけてきた。2018年「音楽の友」4月号「クラシック音楽ベストテン」においてソリスト・室内楽など4部門にランクインするなど各方面から高く評価されている。録音も多く2016年発売の“石田泰尚/LIVE”、2017年発売の“ALLBRAHMS LIVE”は共にレコード芸術誌上で準特選、さらに石田組デビューアルバム“THE石田組”は特選盤の評価を得た。2018年には石田組がNHK-FM「ベストオブクラシック」およびBSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されその熱いステージの模様は大きな反響を呼んだ。使用楽器は1690年製 G.Tononi、1726年製 M.Goffriller。
石田泰尚公式サイト http://musiciansparty.jp/artist/ishida/


●執行恒宏(ヴァイオリン)Tsunehiro Shigyo, violin
東京藝術大学付属高校を卒業後、同大学に入学。在学中より演奏活動をはじめ、山形交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者に就任。後に同楽団コンサートマスターを2006年まで務める。現在、パシフィックフィルハーモニア東京コンサートマスターを務めると同時に、国内主要オーケストラのゲストコンサートマスターとしても活動している。
東京オペラシティでのリサイタルの他 、各地のオーケストラと協奏曲を共演するなどソリストとしても活躍、またYAMATO S.Q他のメンバーとして室内楽も積極的に取り組んでいる。
これまでに、浅川多美子、鷲見康郎、澤和樹、小林健次の各氏に師事。


●坂口弦太郎(ヴィオラ)Gentaro Sakaguchi, viola
NHK交響楽団次席代行ヴィオラ奏者。東京藝術大学大学院室内楽専攻(ヴィオラとピアノの二重奏)修了。第9回日本室内楽コンクール第3位入賞。(原田恭子:ピアノとの二重奏)併せて奨励賞受賞。「アペルト弦楽四重奏団」「N響メンバーによる室内楽団」のメンバーとして室内楽などの演奏活動を行っている。これまでにヴィオラを中塚良昭氏に、ヴィオラとピアノの二重奏を松原勝也氏に師事。


●阪田宏彰(チェロ)Hiroaki Sakata, violoncello
国立音楽大学卒業。YAMATO S.Q代表。
喜多直毅とTANGOPHOBICSメンバーとして「TANGOPHOBIA」「Concet in MORIOKA」をリリース。
Cello Ensemble 008代表。CD「Cello Ensemble 008 vol. 1」「Cello Ensemble 008 vol. 2」をリリース。多くのグループでリーダーを務め、個性的なメンバーの特質を生かしたプロデュースを得意とする。群馬交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団などの客演首席奏者を務める。桜美林大学非常勤講師。
「TUNE THE CELLO!」公式サイト http://candi.sakura.ne.jp/





【新型コロナ感染症対策にあたってのガイドライン】
対策につきましては下記、イベント開催施設のHPにてご確認ください。
ところざわサクラタウンでは、お客様と従業員の安全・安心を第一に考え、行政の要請に従い、衛生対策も万全の備えで臨んでおります。取り組みの詳細については、下記ウェブページをご確認ください。
https://tokorozawa-sakuratown.com/topics/information/anshinsengen.html

新型コロナウイルス対応策、及び本ガイドラインは必要に応じて更新・変更させていただきます。
ご不便をおかけ致しますが、安全に公演を実施するため、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。



【本イベントに関するお問合せ】
KADOKAWA イベントサポート
https://wwws.kadokawa.co.jp/support/mf/

※お問い合わせの際には「石田泰尚 スペシャル・カルテット×「ファン・ゴッホ」展コラボ企画『角川武蔵野ミュージアム音楽Day』」とご明記ください。
※土日祝日を除く平日のご対応となります。
Pagetop