角川武蔵野ミュージアム

 
  
期間
  
2022年7月20日[水] 〜 2022年9月19日[月]
 
 
  
開催エリア
  
1F マンガ・ラノベ図書館
 

TRPG特集展示『TRPG三昧』

 ライトノベルの元祖的作品である『ロードス島戦記』。
 そのロードス島戦記は最初から小説として世の中に出たわけではありません。最初はTRPGを遊んでいる様子を文章化した「リプレイ」と呼ばれる雑誌記事でした。
 また、近年ではアメリカのホラー作家H.P.ラヴクラフトが作り出した『クトゥルフ神話』を題材にしたTRPGが注目され、動画配信を中心に人気のコンテンツになっています。このようにTRPGは80年代から現在に至るまで、多くの人に遊ばれ続けています。
 そこでマンガ・ラノベ図書館では、『クトゥルフ神話』と、『ロードス島戦記』の舞台である架空の世界『フォーセリア』を描いた作品を中心としたTRPG関連書籍を選書しました。
 TRPGの魅力に触れてみてください。

TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)とは
 コンピュータゲームではなく、ルールブックに記載されたルールに従い、ゲーム参加者同士の会話によってひとつの物語を創る対話型アナログゲームです。ファンタジー、現代の学園、SFのような近未来など様々な空想上の世界で、現実ではできない体験が楽しむことができます。

クトゥルフ神話

『新クトゥルフ神話TRPG』の関連書籍と、『クトゥルフ神話TRPG』の様々な舞台を紹介するサプリメントを中心に、リプレイ本やマンガなどのクトゥルフ神話を理解しやすい書籍を紹介します。

フォーセリア

『ロードス島戦記』『ソード・ワールド』『クリスタニア』……架空の世界『フォーセリア』を舞台とする作品を紹介します。

最新TRPG

2018年以降に発売された作品を紹介します。

人気TRPG

『ソード・ワールド2.5』『グランクレストTRPG』『アリアンロッドRPG2E』『ダブルクロスThe3rdEdition』。多くのユーザーに愛されている作品を紹介します。

原作モノTRPG

大人気のマンガやライトノベル、ゲームなどをTRPGにした書籍を紹介します。

TRPG解説書

ガイドブックやエッセイ、クイズなどTRPGを遊ぶのに役立つ解説書を紹介します。

MAGIUS(マギウス)

特定の世界設定を持たない汎用TRPGシステム『MAGIUS(マギウス)』を紹介します。日本では、1995年から1998年にかけて、『スレイヤーズ』や『新世紀エヴァンゲリオン』などライトノベルやアニメを原作にした作品が多数作られました。

GURPS(ガープス)

特定の世界設定を持たない汎用TRPGシステム『GURPS(ガープス)』を紹介します。

ゲームブック

TRPGとも親和性の高いゲームブック(読者の選択によって物語とその結末が変わるゲームのような本)を紹介します。

海外コミック

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』など海外TRPGのマンガを邦訳した書籍を紹介します。

その他

Pagetop