角川武蔵野ミュージアム

企画展/イベント/ライブラリー

Photo:Kenshu Shintsubo

  • 開催中
  • ライブラリー

マンガ・ラノベ図書館

配架内容

マンガ・ラノベ図書館は、ライトノベルなど世界でもっとも多くのエンターテインメント小説に出会える場所です。それに加えて、KADOKAWAから出版されている数多くの児童書やコミックが収蔵されています。
全面窓による自然光を大きく取り入れた、明るくゆっくり過ごせる空間設計も特長的。緑色のマットに座りこみ、ゆったりと読書を楽しむことができます。大人から子どもまで誰もが楽しめる娯楽の世界で、あなただけの一冊を発見したり、日本が誇るジュブナイルやエンターテインメントの豊かな世界を体験してください。

アーカイブコーナー

中2階はライトノベルをはじめとするエンターテインメント小説作品が、著者名の五十音順で探しやすく配架されています。
1階にはKADOKAWAから刊行されたコミックのうち選りすぐられた約3000冊や、児童書(絵本、学習まんが、つばさ文庫など)が配架されています。

新刊の本棚「新しい物語との出会い」

ここには毎月刊行されるコミックやライトノベル、児童書の新刊が続々と配架されます。
すぐとなりの特集展示コーナーでは、直近の新刊や流行、いま注目すべき作品を特集的に配架しています。

児童書の本棚「本はともだち」

1階の片隅には絵本や児童文庫(つばさ文庫)、学習まんがなど、人生で初めて触れる本たちの集まったコーナーがあります。
また、スマートデバイス(iPad)で読むデジタルえほんや、子どもの創作性が刺激されるアプリなど、新時代のコンテンツも体験することができます。

現在の特集展示

■特集展示1 「妖怪大戦争ガーディアンズ」公開記念:KADOKAWAの“妖怪・怪異・あやかし”小説大特集
 8月公開の話題の映画に先立って、これまでKADOKAWAから刊行されたさまざまな妖怪に関する小説を集めてみました。妖怪や怪異、あるいはあやかしと呼ばれるさまざまな存在と繰り広げる、無数の物語。日常の中の妖怪、妖怪と仕事、妖怪と送る青春、妖怪と結ぶ恋の物語などを楽しもう!

■特集展示2 夏のカドコミ2021作品紹介
 夏といえばコミックの季節。そしてフェアの季節。今年もKADOKAWAのおすすめする今人気の特選コミックがせいぞろいしました。マンガ・ラノベ図書館でもその収録作品を一挙特集します。暑い今こそ、今読んでおきたい熱いコミックを楽しもう。

■特集展示3 異世界作品特集
 角川武蔵野ミュージアムで異世界の門が開かれる……。今なお人気を集める召喚・転生・転移などがキーとなっている作品を特集します。1990年代の名作から最新の注目作品まで。異世界を舞台とする古典的な作品から有名エンタメ作品まで。なぜ人は異世界を訪れたくなるのか、異世界作品の魅力とは何なのかを探りましょう。

■特集展示4 「竜とそばかすの姫」公開記念:細田守監督作品を本で楽しもう
 いよいよ劇場公開となる細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」。ノベライズなど関連図書はもちろん、ここに到る細田守監督の作品世界を理解するため、過去作品に関する図書も集めました。また、雑誌「Newtype」とも連携し、監督インタビューや作品紹介の掲載号も改めて読み直すべく展示します。
開催期間 常時開催
開催エリア 1F マンガ・ラノベ図書館
Pagetop